TOPICS

Yahoo! JAPAN

賃貸物件での匂いや騒音の対処法

賃貸物件での匂いや騒音の対処法

賃貸住宅では、水回りの匂いが、問題になることがありますが、大体は見学する時にわかりますから、その対処もできます。それがすぐに直るような場合には問題になりませんが、そうでない場合には、その物件が転居の候補の場合ですが、仲介業者の担当者に相談して、解消できるかどうか調べてもらうのが良いと思います。排水管などでは、S字管の場合には、配管内の水が蒸発してしまい、下水の匂いが直接あがってきている可能性もありますので、その場合は水道の水を出せば、すぐに解決しますが、そうでない場合には、日常生活をおくるところなので、考えたほうが良いかもしれません。以前、屋根裏にネズミの死骸があったこともありましたので、そのような注意も必要です。

また騒音の場合には、隣や上の部屋の音がうるさい場合が多いようですが、音のする方向が、必ずしも発信源ではない場合もあり、マンションやアパートの作りの関係で、離れたところの音が隣から聞こえてくるように響く場合もあります。そのようなこともあるので、自分で判断せずに、仲介の不動産業者の担当者や、オーナーに相談すべきではないかと思います。また女性や子供の声は、下よりも上に伝わりやすいということもあるようですし、アンテナや電話線の通っている空間を音が響くこともあるそうですので、そのあたりの注意も必要になります。
Copyright (C)2015賃貸物件での匂いや騒音の対処法.All rights reserved.